月別アーカイブ: 2013年2月

AGA治療に完治はあるのか?

忙しい日々を送っており、クラブに遊びに行く機会は減ったものの、AGA治療だけはしっかり行なっております。

といっても毎月お薬をもらいに行くだけなんですけどね。

治療を開始して半年ですけど、もう充分な程の髪の量はあり、誰も僕をハゲ呼ばわりしなくなりました。

とはいえ、油断は禁物。怖いんで薬は飲み続けています。

僕は周囲の人にAGA治療を行なっていることを公言しているのですが、よく聞かれることが、

「ハゲって治るの?」

という超失礼な質問。

せめて「AGAって治るの?」とか、「薄毛って治るの?」とか、言い方考えろって思いますが、この質問をしてくる奴はほぼ100%上記の言い方で聞いてきます。

この質問って結構難しい質問で、結論からいうと、薄毛の状態から脱することはできます。

もちろん、頭髪状況や人によって異なるので一概には言えませんけど。

薄毛の進行をストップし、髪を生成することはできるんです。

そこで治ったと宣言してもいいっちゃいいんですけど、その人の薄毛化する体質、AGA体質は改善されたわけではないので、薬をやめたら再度薄毛化の進行はスタートするんです。

ここをわかってない人って結構多いみたいですね。

薬で進行をストップさせ、髪を増やしている状態ってわけです。

これは完治と言っていいものかどうか…。

僕自身は薄毛の悩みは改善されたので治ったと言っていいと思ってますけどね。

60歳近くなったらハゲても全然いいと思っているんで、そしたら薬止めればいいし。

お金がかかるのが悩みですけどね。