サイト・ブログのテキスト盗用、コピペ防止のためにやるべきこと

サイトやブログを運営していると、悩まされるのがコンテンツのコピー。いわゆる盗用ってやつです。リンクとかも貼らず、引用とは思えない重複コンテンツを作り出します。

コピーした側、された側をしっかり認識してくれれば問題ないのですが、検索エンジンはそこの識別が万全ではありません。コピーされた側がコピーサイトと判断され、検索順位の下落につながる場合もあります。

コンテンツのコピー防止策としてコピペ防止のjavascriptを入れているサイトもみますけど、あれには色々と弊害があります。それに本気でコピーする気になればする方法はいくらでもありますからね。

今のところ有効な対策としては…

検索エンジン「GOOGLE」に一番早くサイトをアップしたことを知らせる

という方法です。

一番最初に知らせることで、オリジナル元という判断をしてもらえるってわけです。

Fetch as googleを使用する

googleのウェブマスターツールにある機能です。新規コンテンツをアップしたらそのURLをFetch as googleでgoogleに知らせるだけ。超簡単です。

PubSubHubbubの利用

RSS配信しているサイトやブログは、PubSubHubbubでgoogleに配信情報をいち早く知らせます。ワードプレスにはプラグインもあるのでそれを活用しましょう。

更新頻度を増やす

更新頻度が高ければ、それだけでクローラーが周ってきやすい状況になるので、なるべく更新頻度を多くするようにしましょう。

以上

こんなところですが…コピーサイトの存在は地味にダメージが出てくるので、早めに対策しましょう。残念ならが既にコピーサイトのおかげで悪影響が出てしまった場合は、ウェブマスターツールの著作権削除侵害の報告フォームから、コピーサイトの削除をgoogleに求めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です