カテゴリー別アーカイブ: WEB

既存サイトのWordPress移行手順

htmlの既存サイトをワードプレスに移植し、同ドメインで表示させる場合の移行手順。

なるべくサイトが不表示の状態を短くしたいですよね。

僕が実際に行った手順なので、他にもっと効率の良い方法があるかもしれません。問題なく移行出来ましたが、行う際は全て自己責任でお願いしますね。

http://www.example.com/

上記が現在表示されているサイトURLだとします。

1.サブディレクトリにワードプレスをインストールする

サブディレクトリ「wp(任意の名前をつけます)」にワードプレスをインストールします。この際、パーマリンク設定等で各ページ既存サイトと同URLになるように指定します。

ワードプレスサイトは、

http://www.example.com/wp/

で表示されます。これをhttp://www.example.com/で表示されるようにします。

2.管理画面の一般設定でwordpressアドレスを表示したいURL(この場合はhttp://www.example.com/)に変更します。

ww01

設定を保存すると管理画面が見れなくなりますが、そのまま次に進みます。

3.FTPでwpディレクトリにあるindex.phpをルートディレクトリへコピーし編集する。

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require('./wp-blog-header.php');

上記部分のパスを下記のように変更します。


/** Loads the WordPress Environment and Template */
require('./wp/wp-blog-header.php');

3..htaccessファイルがwpフォルダ内にある場合は、こちらもルートディレクトリにコピーして以下のように修正しました。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

※.htaccessは最後に必ず改行を入れましょう。

場合によっては勝手に変更されるようです。勝手に変更された場合はそのまま移動。移動させてはいけないようですが、移動しても問題なく稼働しました。

以上で終了です。

詳しくはこちらを参照してみてくださいね。

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!

WordPressのアドレス変更でログインできなくなった時の対処方法

ワードプレスのURL変更やディレクトリ変更などの際に、管理画面でアドレス変更を行う必要があります。

その際に間違ったアドレスを入力してしまった場合、ログインできない状態になり大変困ったことがあったのでその対処方法をメモしておきます。

管理画面の一般設定

管理画面の一般設定

ログインせずにこの部分を変更するにはデータベースの情報を修正する必要があります。データベース修正はphpMyAdminで行います。

ほとんどのレンタルサーバーがphpMyAdminの管理画面にログインできるようになっています。

w02

phpMyAdminを開き、データベースを選択します。

w03

opstionsテーブルを修正するので表示をクリックして開きます。

w04

siteurl行にURL情報が入っているので、ここを開いて編集します。

w05

記述してあるURLを正しい内容に修正してログインできたら終了です。

なお、phpMyAdminの編集はほとんどのレンタルサーバーが自己責任扱いとなっているので注意して編集するようにしましょう。

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!

wordpressでパーマリンクを変更して301リダイレクトしてくれるプラグイン

ワードプレスでパーマリンクを変更する際に便利なプラグインを発見。

途中でパーマリンクを変えたくなることは多々ありますが、キャッシュの問題だったり、リンクの問題があり、リダイレクトさせる必要があります。

自動的に301リダイレクトしてくれるプラグインを見つけたのでご紹介します。

Permalink Redirect

プラグインの新規追加で検索してインストールすると、全然違うプラグインがインストールされる場合があります。(実際にぼくもそうでした…)なので、下記URLからDLしてサーバーにアップロードする方法が確実です。

Permalink Redirectをダウンロードする

PHP版とZIP版がありますが、どっちでもいいです。

ZIP版の場合は解凍し、「ylsy_permalink_redirect.php」というファイルをサーバーの「wp-content」内「plugins」の中へアップロードします。

管理画面のプラグインメニューに「Permalink Redirect」が追加されているはずなので有効にします。

このプラグインの転送設定はデフォルトで302リダイレクト(一時的転送)になっています。URLの変更はSEO的にも301リダイレクト(恒久的転送)の必要があるので、プラグインのファイルをちょこっと編集します。

/wp-content/plugins/ylsy_permalink_redirect.phpの


//変更前「$status=302」になっています。
if (!function_exists('wp_redirect')) {
    function wp_redirect($location, $status=302) {
        global $is_IIS;

//変更後「$status=302」を「$status=301」に変更
if (!function_exists('wp_redirect')) {
    function wp_redirect($location, $status=301) {
        global $is_IIS;

変更したら「変更を保存」するのを忘れないでくださいね。

次は新パーマリンクの設定です。管理画面「設定」の「パーマリンク設定」から新しいパーマリンクを設定します。

例:

変更前「/%year%/%monthnum%/%postname%/」

変更後「/%year%/%monthnum%/%postname%.html」

次は「設定」の中にできた「Permalink Redirect」メニューを選択し、過去のパーマリンクを入力します。

permalink

設定が終了したら「Update Option」ボタンを押して終了です。

超便利。

参考サイトはこちら

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!

wordtwitが自動投稿されない時の対処法

2013年6月にtwitterのAPIのバージョンが変更になり、ワードプレスのプラグイン「wordtwit」の自動投稿ができなくなっているようです。6/17現在。

プラグインのコードを編集し、新APIに変更する方法がを発見したのでメモ。参考サイト

※Ver3.0では動作確認しておりません。Ver2.6.4でのみ確認。全て自己責任でお願いします。

/wp-content/plugins/wordtwit/include/oauth-twitter.phpの


// 古いのをコメントアウト
//$url = 'http://api.twitter.com/1/statuses/update.xml';

//こちらを追記
$url='http://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json';

以上。

突然の仕様変更はホント困ります…。

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!