カテゴリー別アーカイブ: wordpress

counterize IIの時間がずれる時の対処方法

ワードプレスのブログに訪問者数や、PV数などを計測し、表示するためのプラグイン「counterize II」。

最近はあまり見なくなった気がしますけど、まだまだ使っているサイトも多いですよね。管理画面でアクセス解析も見れちゃう便利なプラグインですが、そのまま使用すると、タイムゾーン設定をしっかり日本に合わせているにもかかわらず、一日のリセット時間が9時間ほどずれる現象が起きます。

未だ管理しているブログで使っているので、その対処方法をメモ。

wp-settings.phpを一部を変更する必要があります。変更は以下の通り。

変更前


// WordPress calculates offsets from UTC.

date_default_timezone_set( 'UTC' );

変更後


// WordPress calculates offsets from UTC.
date_default_timezone_set( 'UTC+9' );

これ超面倒なのは、ワードプレスのバージョンアップのたびに変更しなければいけないところです…。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます!

コピー防止プラグイン「WP-CopyProtect」

コンテンツのテキストコピー防止や、重複コンテンツ防止に何か良い手はないかと考えていましたけど、ワードプレスには右クリックコピー防止、テキスト選択防止ができるプラグインがあるようです。

WP-CopyProtect

インストールして有効化することで、右クリックできないようにしたり、テキスト選択ができないようにしたりとメニュー画面でお好みの選択ができるようです。

色々弊害がないかどうかはさだかではないのですが、今度導入してチェックしてみます。

 

人気記事を好きな場所に表示する「wordpress popular posts」

人気記事

人気記事

WordPressに限らず、様々なブログやサイトで見かける人気記事一覧。サイドメニューに付いていたり、本文の後ろについていたり。そのブログ・サイトの他の記事を読むきっかけになりますよね。

新しい読者に過去の記事を読んでもらうこともできるので是非とも付けたい機能です。同内容・テーマで書かれているブログ・サイトならなおさら過去記事も読んで欲しいところ。人気記事をピックアップすることで過去記事が目に触れる機会を増やすことはページ閲覧数もアップするし、とっても有意義な施術となります。

というわけで、ワードプレスに人気記事一覧を表示させる方法をご紹介します。希望の表示方法は以下の通りです。

・サムネイル画像とページタイトルを表示、サムネイル画像はページの一番最初の画像を使用

・ページビュー数の多い順から表示

・表示箇所は本文の後ろ

色々調べてみると、超便利なプラグインがありました。

wordpress popular posts

良本として評価の高いソシムの「WordPress デザインブック」にも使用・設置方法が掲載されていました。

「wordpress popular posts」の特徴を簡単にご紹介します。

・ウィジェットを使って簡単にサイドメニューに表示させることができる

・ウィジェットを使って設定も簡単

・日本語に対応しているのでわかりやすい

・人気順位の決定方法をビュー数、訪問数など希望に合わせ選ぶことができ、集計期間も日、週、月、全期間など自由に選ぶことができる

・CSSをカスタマイズできるので、サイトに合わせたデザインに変更できる。

今回は、サイドメニューではなく、本文後に表示させたかったので、ウィジェットを使わず使用することにしました。なのでウィジェットの設定方法は割愛させていただきます。テンプレートタグを使用すれば、任意の場所に表示させることが可能となります。

1.まずはプラグインをインストールです。プラグイン新規検索で「wordpress popular posts」を探し、インストール、有効化までを行います。

2.管理画面から取得するサムネイル画像の設定を行います。

今回、表示させるサムネイル画像は記事の一番最初の画像を取得するつもりなので、設定画面から行います。

設定→「wordpress popular posts」→「ツール」

options-general2

3.テンプレートタグの設定

次はテンプレートタグの設定です。詳しくはプラグイン配布ページに書いてありますが、こちらのページが超わかりやすく説明されているのでオススメです。参考にさせていただきました。ありがとうございます!

http://www.imamura.biz/blog/cms/wordpress/4603

テンプレートタグはwpp_get_mostpopular();

<?php
if ( function_exists( 'wpp_get_mostpopular' ) ) wpp_get_mostpopular();
?>

このコードを任意の場所に挿入するだけで、とりあえずは人気ページへのリンクが表示されます。

4.パラメータの設定

「wordpress popular posts」の細かい設定を行うためには、パラメータを設定する必要があります。パラメータの詳細は、設定画面の「よくある質問」部分に掲載されています。

設定→wordpress popular posts→よくある質問

options-general

パラメータを設定したコードは以下の通りです。

<!--▼ 人気記事 ▼-->
<?php if (function_exists('wpp_get_mostpopular')) {
$palas = 'limit=10&
 range=all&
 order_by=views&
 thumbnail_width=120&
 thumbnail_height=120&
 post_start="<li>"&
 post_end="</li>"&
 wpp_start="<ul>"&
 wpp_end="</ul>"&
 stats_comments=0';
wpp_get_mostpopular($palas);
} ?>
<!--▲ 人気記事 ▲-->

$palasという任意の変数にパラメータを設定しています。

limit→表示させる記事数

range(daily weekly monthly all)→集計期間。日、週、月、全部から選びます。

order_by(views comments avg)→人気測定方法。ページビュー数、コメント数、一日の平均閲覧数から選びます。

thumbnail_width→サムネイル画像の横幅。

thumbnail_height→サムネイルの縦幅。

wpp_start→リスト全体の開始タグ(<ul>など)

wpp_end→リスト全体の終了タグ(</ul>など)

post_start→リストの開始タグ(<li>など)

post_end→リストの終了タグ(</li>など)

stats_comments→コメント数の表示有無(0:非表示 1:表示)

5.任意の場所にコードを設置

上記コードを任意の場所に設置すると、ページが表示された際に以下のようなコードが生成されます。

<!--▼ 人気記事 ▼-->
<!-- WordPress Popular Posts Plugin v2.3.6 [SC] [all] [views] [custom] -->
<ul>
<li><a href="URL" title="ページタイトル" target="_self"><img src="ページ先頭画像" alt="" border="0" width="120" height="120" class="wpp-thumbnail wpp_cached_thumb wpp_first_image" /></a> <a href="URL" title="ページタイトル">ページタイトル</a>
</li>
<li><a href="URL" title="ページタイトル" target="_self"><img src="ページ先頭画像" alt="" border="0" width="120" height="120" class="wpp-thumbnail wpp_cached_thumb wpp_first_image" /></a> <a href="URL" title="ページタイトル">ページタイトル</a>
</li>
<li><a href="URL" title="ページタイトル" target="_self"><img src="ページ先頭画像" alt="" border="0" width="120" height="120" class="wpp-thumbnail wpp_cached_thumb wpp_first_image" /></a> <a href="URL" title="ページタイトル">ページタイトル</a>
</li>

以下表示指定数分続く

</ul>
<!-- End WordPress Popular Posts Plugin v2.3.6 -->
</div>
<!--▲ 人気記事 ▲-->

6.CSSでカスタマイズ

ID、クラス指定で自由にカスタマイズして終了です。

ウィジェットを使った方が楽ですけど、自由に表示させたいという人はお試しください。

WordPressのログイン画面をカスタマイズ

デフォルトのログイン画面

デフォルトのログイン画面

ワードプレスのログイン画面ってカスタマイズできるんですね。

自分達で使う分にはデフォルトのままでいいですけど、クライアント仕事の場合はログイン画面も専用のデザインにしてあげた方が喜ばれそうですよね。

基本はFunctions.phpで編集できるらしいのですが、簡単にカスタマイズできるプラグインもあるそうなので、そちらを使ってみました。参考にしたサイトはこちら。

プラグイン名「BM Custom Login」

検索してインストールします。

設定の中に「Custom Login」というメニューができるのでクリック。中はこんな感じ。

login02

クリックで拡大します。

画像を作成、サーバーにアップロードした後、上記設定を行うだけ。

login03

こんな感じでカスタマイズできます。

簡単なんで是非。

wordpressバックアッププラグインBackWPup

ワードプレスをバックアップするのに良いと評判のプラグイン「BackWPup」。

何が良いかって、データベースのバックアップだけでなく、各種ファイルもバックアップしてくれて、しかも、DROPBOXやSugarSyncといったクラウドサービスへのバックアップに対応しているところですね。

さっそくDLしてバックアップしてみるものの、バックアップ中に下記のようなエラーが出ました。

ERROR: No MySQLi extension found. Please install it.

よくわかんないけど、気分悪いですよね。

調べてみると、BackWPupがバージョンアップしてから、mysqlのmysqliを必要とするようになったためおきるエラーらしいです。

サーバーのPHPを5.4をバージョンアップすれば解決するらしいのですが、他に問題が出たらイヤですよね。というわけでそういう場合はBackWPupをダウングレード。

過去のアーカイブからダウンロードして手動でインストール。

http://downloads.wordpress.org/plugin/backwpup.2.1.17.zip

いつまで過去のファイルがあるかわかりませんけど、とりあえずはこれでバックアップできそうです。

既存サイトのWordPress移行手順

htmlの既存サイトをワードプレスに移植し、同ドメインで表示させる場合の移行手順。

なるべくサイトが不表示の状態を短くしたいですよね。

僕が実際に行った手順なので、他にもっと効率の良い方法があるかもしれません。問題なく移行出来ましたが、行う際は全て自己責任でお願いしますね。

http://www.example.com/

上記が現在表示されているサイトURLだとします。

1.サブディレクトリにワードプレスをインストールする

サブディレクトリ「wp(任意の名前をつけます)」にワードプレスをインストールします。この際、パーマリンク設定等で各ページ既存サイトと同URLになるように指定します。

ワードプレスサイトは、

http://www.example.com/wp/

で表示されます。これをhttp://www.example.com/で表示されるようにします。

2.管理画面の一般設定でwordpressアドレスを表示したいURL(この場合はhttp://www.example.com/)に変更します。

ww01

設定を保存すると管理画面が見れなくなりますが、そのまま次に進みます。

3.FTPでwpディレクトリにあるindex.phpをルートディレクトリへコピーし編集する。

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require('./wp-blog-header.php');

上記部分のパスを下記のように変更します。


/** Loads the WordPress Environment and Template */
require('./wp/wp-blog-header.php');

3..htaccessファイルがwpフォルダ内にある場合は、こちらもルートディレクトリにコピーして以下のように修正しました。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

※.htaccessは最後に必ず改行を入れましょう。

場合によっては勝手に変更されるようです。勝手に変更された場合はそのまま移動。移動させてはいけないようですが、移動しても問題なく稼働しました。

以上で終了です。

詳しくはこちらを参照してみてくださいね。

WordPressのアドレス変更でログインできなくなった時の対処方法

ワードプレスのURL変更やディレクトリ変更などの際に、管理画面でアドレス変更を行う必要があります。

その際に間違ったアドレスを入力してしまった場合、ログインできない状態になり大変困ったことがあったのでその対処方法をメモしておきます。

管理画面の一般設定

管理画面の一般設定

ログインせずにこの部分を変更するにはデータベースの情報を修正する必要があります。データベース修正はphpMyAdminで行います。

ほとんどのレンタルサーバーがphpMyAdminの管理画面にログインできるようになっています。

w02

phpMyAdminを開き、データベースを選択します。

w03

opstionsテーブルを修正するので表示をクリックして開きます。

w04

siteurl行にURL情報が入っているので、ここを開いて編集します。

w05

記述してあるURLを正しい内容に修正してログインできたら終了です。

なお、phpMyAdminの編集はほとんどのレンタルサーバーが自己責任扱いとなっているので注意して編集するようにしましょう。

wordpressでパーマリンクを変更して301リダイレクトしてくれるプラグイン

ワードプレスでパーマリンクを変更する際に便利なプラグインを発見。

途中でパーマリンクを変えたくなることは多々ありますが、キャッシュの問題だったり、リンクの問題があり、リダイレクトさせる必要があります。

自動的に301リダイレクトしてくれるプラグインを見つけたのでご紹介します。

Permalink Redirect

プラグインの新規追加で検索してインストールすると、全然違うプラグインがインストールされる場合があります。(実際にぼくもそうでした…)なので、下記URLからDLしてサーバーにアップロードする方法が確実です。

Permalink Redirectをダウンロードする

PHP版とZIP版がありますが、どっちでもいいです。

ZIP版の場合は解凍し、「ylsy_permalink_redirect.php」というファイルをサーバーの「wp-content」内「plugins」の中へアップロードします。

管理画面のプラグインメニューに「Permalink Redirect」が追加されているはずなので有効にします。

このプラグインの転送設定はデフォルトで302リダイレクト(一時的転送)になっています。URLの変更はSEO的にも301リダイレクト(恒久的転送)の必要があるので、プラグインのファイルをちょこっと編集します。

/wp-content/plugins/ylsy_permalink_redirect.phpの


//変更前「$status=302」になっています。
if (!function_exists('wp_redirect')) {
    function wp_redirect($location, $status=302) {
        global $is_IIS;

//変更後「$status=302」を「$status=301」に変更
if (!function_exists('wp_redirect')) {
    function wp_redirect($location, $status=301) {
        global $is_IIS;

変更したら「変更を保存」するのを忘れないでくださいね。

次は新パーマリンクの設定です。管理画面「設定」の「パーマリンク設定」から新しいパーマリンクを設定します。

例:

変更前「/%year%/%monthnum%/%postname%/」

変更後「/%year%/%monthnum%/%postname%.html」

次は「設定」の中にできた「Permalink Redirect」メニューを選択し、過去のパーマリンクを入力します。

permalink

設定が終了したら「Update Option」ボタンを押して終了です。

超便利。

参考サイトはこちら

wordtwitが自動投稿されない時の対処法

2013年6月にtwitterのAPIのバージョンが変更になり、ワードプレスのプラグイン「wordtwit」の自動投稿ができなくなっているようです。6/17現在。

プラグインのコードを編集し、新APIに変更する方法がを発見したのでメモ。参考サイト

※Ver3.0では動作確認しておりません。Ver2.6.4でのみ確認。全て自己責任でお願いします。

/wp-content/plugins/wordtwit/include/oauth-twitter.phpの


// 古いのをコメントアウト
//$url = 'http://api.twitter.com/1/statuses/update.xml';

//こちらを追記
$url='http://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json';

以上。

突然の仕様変更はホント困ります…。